Food and Drink two crackers

お菓子系ダイエット食品

ダイエット食品の中でも比較的安い値段で販売され、ドラッグストアなどでも手軽に購入出来るのが、お菓子系のものです。
最もポピュラーなのがダイエットクッキーですよね。皆さんも一度は食べた事があるのではないでしょうか。

砂糖や小麦、バターを大量に使った一般のクッキーと違い、ダイエットクッキーはおからや豆乳を原料としたものが一般的で、ダイエットの大敵”便秘”に効果的な食物繊維も豊富に含まれています。また、原料のおからは水を吸収すれば膨張する性質を持っていることから、クッキーを水分と一緒に摂取する事で充分な満腹感も得られます。

しかし、置き換えタイプのものとは違い食事代わりにする程の充分な栄養は備わっていないことから、置き換えるならば、朝食、主な用途としてはダイエット中のおやつにお勧めします。
お菓子系のダイエット食品で気をつけてほしいのが、”ダイエットクッキーだから安心、太らない”といった間違った解釈です。
ダイエット、と名が付いてはいますが、ダイエットクッキーの殆どが1枚20キロカロリー程あります。
原料こそ違いますが、普通のクッキーの同じサイズのものと比べれば、カロリーに大差は無いので食べすぎは厳禁です。

バターたっぷりで美味しい普通のクッキーを、コーヒーと一緒に1~2枚食べて満足するか、ちょっぴり物足りない味だけど、身体にいい成分のダイエットクッキーを5枚がっつり食べるか・・・。
その日の気分で使い分けてくださいね。

お菓子系のダイエット食品。
「普通のお菓子よりは、ダイエットに向いているお菓子」という事を覚えておいてください。