Food Pyramid - Sweets

チョコレートがダイエット食品?

「ダイエットにお菓子類は厳禁!ましてやチョコレートなんてとんでもない!」という声が聞こえてきそうですが、チョコレートダイエットという方法は存在するんです。

チョコレートといえば、甘くて高カロリーの代名詞というイメージがあるのですが、実はチョコレートには、ダイエットに効果的な成分も含まれています。

チョコレートの主原料、カカオには、たんぱく質や亜鉛、カルシウムやミネラルなどの栄養素が含まれているほか、食物繊維も豊富に含まれており、ダイエットの大敵となる便秘の防止にも役立ちます。
そして、チョコレートといえばポリフェノール。
カカオには、豊富なポリフェノールが含まれており、その含有率は赤ワイン以上です。
ポリフェノールには、抗酸化作用のほか、ダイエット中のストレスを緩和させる作用もあります。
ただ単に”甘くて美味しいおやつ”だったチョコレートにこんなに素晴らしい成分が含まれているなんて、ちょっとビックリですよね。

さて、説明した成分は勿論どのチョコレートにも含まれているのですが、通常のチョコレートにはダイエットに不向きな砂糖などが大量に含まれています。
ダイエットに使用するチョコレートは「カカオが70%以上含まれているもの」に限られる点に注意してください。

三度の食事の前に、カカオ70%以上のチョコレートを少し食べて血糖値を上昇させる事で食べすぎを防ぐ、という理屈のチョコレートダイエット。
間食がどうしても止められないお菓子好きの方にお勧めの方法です。

Cookie, Anyone

ダイエット食品を上手に使い分けよう

ダイエット食品といえば、まず何を思い浮かべますか?
おからクッキーやダイエットシェイク、パッケージに低カロリーである事を大きく表記したインスタント食品等、いろいろな種類を目にしますよね。

低カロリーで栄養面もバッチリケアしてくれる、置き換えタイプのダイエットシェイク、これは多少お金はかかりますが実行すれば確実に痩せることが出来るアイテムです。
早く成果を出したい方には即効性の面でおススメ。
難点を挙げるならば、食事とするにはあまりにも寂しい・・・という事でしょうか。

おからクッキーも不動の人気を誇るダイエット食品ですね。
ドラッグストアなどでもお手ごろな価格で販売されていることから、試したことがある方も多いと思います。
おからクッキーは、水分と一緒に摂取することで胃の中で膨張し満腹感を出す、という理屈ですが、まさにそのとおり。
ぱさぱさとした食感から水分は必ず必要になり、噛み砕かれたクッキーが胃で膨れていくのを本当に実感出来ます。
ダイエットの空腹に耐えられない、という方にはおススメです。

一食100キロカロリー以下のインスタントダイエット食品。
雑炊や麺類など、家族と一緒に食事をしても違和感のないものが多いです。
味付けも満足出来るものが多いですが、やはり量はどれも少なめです。
もともと食事の量が多かった方は、まずはご飯だけを低カロリー雑炊に置き換えるだけでも、摂取カロリーは減らせますよね。

いろいろなタイプのダイエット食品。生活スタイルに合わせて使い分けてくださいね。

Beautiful women...

置き換えダイエットで怖い、リバウンド

ダイエットに成功して喜んだのもつかの間、ダイエットをやめてほんの数ヶ月でまた元の体重に・・・という経験をされた方もいるのではないでしょうか。
元の体重ならばまだいい方で、この場合もとの体重よりも更に太ってしまう事もあります。
そうです、それが「リバウンド」です。

リバウンドをしやすいダイエットとして挙げられるのが、食事制限によるダイエットです。
運動を併用して痩せた方は、ある程度の筋肉もつき比較的太りにくい身体になっていますが、食事制限のみで体重を落とした場合には注意が必要です。

ダイエット食品を利用して体重を落とした方も、勿論例外ではありません。
ダイエットシェイクや低カロリーの食事で、一食ないし二食を置き換えていた場合は特に”痩せた後”の食事内容に気をつける必要があります。

まず、いきなり普通食に戻すのは絶対にNG。
低カロリーの食事に慣れてしまった身体は、それ以上のカロリーを今まで以上に吸収しやすくなっています。毎日体重計に乗り、体重変化をチェックしながら少しずつ普通食に戻していきましょう。

ダイエットシェイクを利用した場合を例に挙げれば、二食を置き換えていた場合はまず一食を普通食に戻し、体重チェックで大丈夫なようなら1~2ヶ月くらいかけて普通食に完全移行するくらいの慎重さが必要だと思います。
今日は三食普通に食べて、明日は一食をシェイク・・・という具合に慣らしていけば怖いリバウンドも防げます。
体重維持にも、上手にダイエット食品を利用したいですね。

Tea

生姜紅茶の効果

テレビや雑誌、インターネットなどで「ダイエット」の文字を目にしない日はないほど、いろいろなダイエット情報が溢れています。
テレビで”○○がいい”と紹介されれば、たちまち店頭からその食材が無くなり、ブームが去ればまた次のもの・・・と、いかに皆が”ダイエット”に関心があるのかが伺えます。

目新しい意外な食材が注目される事もありますが、大半は「え、これダイエット食材だったの?」と普段から使われいるものが注目される事が殆どです。

少し前に紹介され、ブームとなった「生姜紅茶」今も飲まれている方は多いのではないでしょうか。
飲むだけでみるみる痩せる!と、多少オーバーな広告もよく目にする生姜紅茶ですが、生姜自体は随分前から健康食材として注目されていましたよね。
昔、風邪をひいた時などに生姜湯を飲んだ記憶がありますが、確かに飲むと身体が芯から温まったのを覚えています。

生姜で身体が温まるのは、生姜に含まれる辛味成分に血行促進作用があるためです。
この作用により冷え性が改善され代謝が上がり、痩せやすい体質になる・・・という訳です。
他にも生姜には、利尿作用や発汗を促す作用もあります。

日本人女性に多い下半身太りの原因には、冷え性による代謝低下、排泄低下も含まれており、それを改善するための食材として「生姜」が注目されたという訳です。
生姜を入れる紅茶ですが、紅茶の香りが持つリラックス効果でダイエット中のストレスを和らげる作用、また抗酸化作用による健康効果も注目されています。

ブームも落ち着いてきた生姜紅茶ですが、ダイエット中の心強いアイテムとなる事は間違いないです。これを期に、毎日の習慣にしてみませんか?

diet day one

食事タイプの置き換え食品

ダイエットに必要不可欠なのは、まず食事内容の見直しです。
ダイエットが必要になった原因のひとつは、やはり食べすぎや不規則で栄養の偏った食生活にありますよね。
それを正して適度な運動も加えればダイエットは簡単に成功するのでしょうが、なかなかそう上手くは行かないものです。

ダイエットに、手軽なダイエット食品を利用される方が多いのは、やはり自己流の食事制限や食事内容ではなかなか成果に繋がらない事が多いからでしょう。
三食のうちの一食、または二食をダイエット食品に置き換える方法ならば、意外とすんなり体重は落ちることでしょう。
それもそのはず、今までご飯とおかずをしっかり食べていたのを、いきなりダイエットシェイクなり、固形のバーなりにすれば体重が減らない方がおかしいですよね。
しかし、やはりそれだけでは口寂しいものです。コップ一杯で終わってしまう夕食に絶えられない方には、食事タイプのダイエット食品がおすすめです。

食事タイプの置き換え食品にも、いろいろな種類があります。
ごはんとおかず、汁物までがワンセットになり、本当に普段の食事と変わらないようなタイプ。
低カロリーにこだわったぞうすいやラーメンなどの軽食タイプなど、食事タイプの置き換えダイエットなら口寂しさを感じる事は少ないでしょう。

噛む、という行為が満腹中枢を刺激する点から言えば、ドリンクタイプよりも食事タイプの置き換え食の方が、満足感を得られます。
ゆっくりとよく噛んで食べるという行為が習慣になれば、今後の食生活にも良い影響をもたらしてくれますね。